人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

【保存版】人気の眉ティント!モチが良くなるポイントと上手に眉毛を書くコツまとめ♥

メイクアップ

週末は海に波乗りに行くからこそ、

Ayako必須アイテムのひとつが

フジコ眉ティント

Image title


しっかり眉ティントを使っていると、

朝のメイク時間も短縮できるし、

ヘビーユーズしてる方も

多いのではないでしょうか?


ただ、2日くらいはキチンと色がついているものの、

それ以降はほとんど色が残らない。

というか3日も色が残ったことがない。

なーんて話もちょこちょこ耳にします。

(私も以前までは、もうちょっと色モチ良く

ならないかなーなんて思っていた

1人だったわけですが、、、)


今回紹介する方法を試したところ、

今までよりも私は格段にモチがアップしたので

気になる方はぜひトライしてみて下さいね♥

眉ティントでキレイに眉毛を描くコツ

あわせてご紹介していきたいと思います!


まず、はじめに注意したいことは、

眉毛の下、地肌の油分をしっかりとる。


眉ティントを塗る時のタイミングって

夜のお風呂上りという方多いですよね?

肌も清潔だし、そのまま就寝すれば

色もキチンとのりますしね。


ただここで注意してほしいのがスキンケアのあと、

そのままティントをのせてしまうこと。

美容液やクリームの油分でなかなか肌に

ティントが定着しにくくなってしまうのです。


とはいえ、ティントをのせてから

スキンケアをするのもなかなか無理があるので、、、

お風呂上りのスキンケア→その後しっかりと

眉部分の油分をふき取ってからのせていきましょう。


私がここで使っているのは

まつげエクステ用の、目元の油分をとるための

「前処理剤」

Image title


こちらを綿棒にしみこませ、

眉尻から毛に逆らうようにして、

毛と毛の間をしっかり拭き取る

ようにしています。


Ayako流・失敗しない
眉ティントののせ方↓↓

1/4

2/4

3/4

4/4

(以前はアルコールウェットティッシュを

使って拭いていましたがw。なんとなく)

いやいやいやいや、、、、

前処理剤をこのためだけに

買うなんてもったいない!!?

という方にオススメなのが⇒

お湯。

お湯といっても、火傷しないお風呂の温度くらい、

少し熱めの42~3度がベスト。

お水よりも油分がキチンと落ちやすく、

蛇口ひねるだけっていう手軽なのもポイント高いですよね。

こちらを先ほどと同様に綿棒に染み込ませて

毛に逆らって拭き取っていきます。

しっかりと肌が乾けば準備完了。

ティントをのせていきましょう♥

私が思う、ティントを失敗しないようにのせるコツというのは、、、

容器の口元で余分な液をしっかりしごく。

そして眉メイクをするときのように、毛を少しずつ描くのではなく、

*一気に描く!勢いよく描く!

*利き手と逆の眉から描く!

*はみ出ちゃっても気にしない!

というのがポイントだと思っています。

失敗したらどうしよう、、、と、

ティントを少しずつのせていくと、

ゆっくり描いてるうちに乾き始めて失敗しやすい。

眉メイクと同じで、利き手の逆、

(私の場合は左)から描くと上手くいきやすい

万が一、はみ出ちゃっても、

濡れたティッシュで拭けばすぐとれる。

(少し太めに描いて、後で細さを調整していくというのでもいいですよね。)


それでは、今回のこのティント。

どれだけモチが良かったのかというと、、、

次のページで結果報告⇒

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN