人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

最短1日!栄養価アップ!ダイエットにも!簡単!失敗しない酵素玄米ごはんレシピ

作り方

*材料を計ってから、玄米と小豆

(もしくは黒豆、黒米)をザルにいれ、

泡立て器を使って8~10分程洗います。

Image title


手でも問題ありませんが、泡だて器のがラクだし、

モチモチになりやすい。私は泡だて器が

見つからなかったのでおたまでやってます笑。


8~10分洗わなくても大丈夫ですが、

長く洗った方がモチモチになりやすい。


*浸水用水(分量外)を入れてだいたい

8時間くらい浸水させる。

このまま夏なら1日程度、冬なら2.53日程

浸水を続けると発芽玄米になる。


*炊飯用の水と塩、はちみつを入れる

Image title

Image title


*圧力鍋で高圧にセットし、

中火位で圧がかかるまで火にかける。

Image title


炊飯器でもOK。玄米モードがあればそれで、

なければ普通に炊く。


*圧がかかったら、最弱火で20~25分ほど火にかける。


*火を止め、圧が下がるのを待ち、

下がったら炊飯ジャーへ入れて保温。

Image title


*朝と晩で1日2回、しゃもじで

かき混ぜて発酵を促す。

その際、霧吹きに天然水を入れ(分量外)

これでもか!!!!

という位かけると、モチモチになりやすく、

お米が乾きにくい。(霧吹きにもよりますが、

私は15プッシュ位かけている)


また、ジャーの壁面にお米が当たらないようにすると

これまた、お米が乾きにくい。


次の日朝

Image title


2日目朝

Image title


3日目朝

Image title


どんどん色が濃くなるのが分かりますか?

お赤飯のような色になれば、ほぼ完成です。


だいたい夏場なら1.5日ほど、

冬場なら2.5~3日ほどで完成します。


酵素玄米ご飯は基本腐りません。


完成したら、新たに継ぎ足してもOK。

(継ぎ足す程残っていたことはない笑。)


保存はひたすら保温です。

レンジなどで急に温めると酵素が

無くなってしまう可能性があるので、

あまり使用しない方がベター。


もち米にも似た、なんとも言えないモチモチ感。

ごはんだけをひたすら食べれる位の旨味。

断食明けにも食べれる位の消化の良さ。

栄養価は玄米よりもかなりUP。

Image title


たしかに手間は少しかかりますが、

どんな高級なお米よりおいしいです。

我が家でもかなり人気メニューのひとつ♥


いやいやいや、、、、

炊飯器一個しかないから!

3日も待ってられないんですけど!!

という方には翌日に出来るキットがオススメ⇒

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN