【ボディケア】クラランスのリフトマンスールが進化!3つの脂肪細胞とは?!《新製品発表会》

ボディ
いいね! 5件

ボディケアといえばクラランス!


ボディスリミングラインだけでも

スクラブやアンティオー、

クレームマスヴェルトなど使ってきましたが

中でもトータルリフトマンスールはド定番ですよね。

私も何本リピートしたかわかりません♡


そんなリフトマンスールが4年ぶりに

リニューアルするとのことで、

新製品発表会にお邪魔してきました♡

Image title



今回は会場が代々木体育館で。。。

珍しいな〜と思っていたら、こんな演出が!!

Image title



NIKEマスタートレーナーの

田中いずみさんによるエクササイズのご紹介もあって

この人数の美女たちに圧巻でした!

Image title


さてさて、リフトマンスール。

今回のリニューアルで名前も変わり、

3月24日に「ボディ フィット」という名で発売されます。

Image title

(200g 8,000yen+tax)



1995年以来、22年に渡って

進化し続けているクラランスのボディスリミング製品。

Image title


今回の「ボディ フィット」は

脂肪組織の膨張とセルライト形成の原因となる

3種の脂肪細胞にアプローチしてくれます。

Image title


→Q.3つの脂肪細胞とは?


⑴白色脂肪細胞

脂肪を蓄積する「太る脂肪細胞」

全身のあらゆるところに存在し、

体内に取り込まれた脂肪を貯めておく働き。。

2013年に発売された「トータルリフトマンスールEX」で

着目&アプローチされた脂肪細胞です。


⑵ベージュ脂肪細胞

脂肪を燃焼させる脂肪細胞。

身体に必要なエネルギーを供給するため

脂質を燃焼し続けてくれる。

脂肪膨張&セルライトの生成を抑える

重要な役割を果たす「脂肪燃焼細胞」


⑶線維生成前駆脂肪細胞

線維をつくり出す脂肪細胞。

脂肪組織の構築に必要なコラーゲン線維を

つくり出す「固める脂肪細胞」


↓ ↓ ↓


この3つの脂肪細胞、

摂取カロリーと消費カロリーの

バランスがとれていれば問題ないのですが、

摂取カロリー>消費カロリー

になると負のスパイラルへ陥ります( ꒪⌓꒪)


↓ ↓ ↓


〜負のスパイラル〜

⑴白色脂肪細胞→脂肪を蓄積する

増大した脂肪分を溜め込むために

脂肪細胞の数を増やす=セルライト生成


⑵ベージュ脂肪細胞→脂肪を燃焼できない

脂肪燃焼活動を抑制し、脂肪組織が肥厚


⑶線維生成前駆脂肪細胞→脂肪細胞が固まる

脂肪細胞の周りで過剰な線維を生成し、

脂肪球が固まることで脂肪質がガチガチに

脂肪が取り除きにくい状態になる



そこで、NEW「ボディ フィット」は

3種の脂肪細胞に的確に作用する

「マルメロリーフ」を新配合。


・白色細胞の脂肪分解作用を向上させる

・ベージュ脂肪細胞の燃焼活動を促進させる

・線維生成前駆脂肪細胞の線維生成をコントロール


…という脂肪細胞を正しく機能させる働きがあるそう♡



さらに、白色脂肪代謝・ハリ弾力・ドレナージュ・

肌表面にもアプローチする様々な植物のパワーも加わり、

Image title

4週間のクリニカルテストでも

80%以上の女性が「目に見えるほどの結果を実感」

しています!!



香りも新しくなり、ベタつかないテクスチャーも◎

Image titleクラランスのボディケアは

結果が出やすいからこそ人気だと思うのですが、

さらにこんなに進化してしまって…♡


3月の発売が本当に楽しみです♡♡


▶︎▶︎CLARINS(クラランス)


***


インスタ毎日更新してます♡

https://www.instagram.com/ayaka0119v/

Image title


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN