【ビューティ★シェア】自活力を引き出すファンケルの名品はやっぱりスゴイ!

スキンケア
いいね! 2件

〔PR〕

ビューティ★シェアでは

ファンケルさんの

『肌落ちに負けない!アガるセミナー』

参加させて頂きました!

Image title

マキアのコスパ・コスメグランプリ2016 化粧水部門で

堂々の第一位を獲得した

無添加アクティブ コンディショニング EX 化粧液 

Image title

ご存知の方も多いのはないでしょうか^^


そう、ファンケルさんといえば無添加


世の中には無添加とうたっている商品はたくさんありますが、

ファンケルさんほど丁寧に

品質と安全性を追求しているブランドさんは他にはないのではないでしょうか。


 防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・旧表示指定分など

①アレルギーを引き起こす可能性の高い成分を除去

⬇︎

②無添加基準をクリアした原料の安全性試験

⬇︎

③敏感肌のための安全性試験

といった3ステップを踏んでいるのです。


防腐剤を一切使用していないので

ボトルも30日で使い切れるサイズですが、

それがまた安心のサイズ感でもありますよね。


ちなみにこちらが

防腐剤ありとなしの比較!!!

Image title

コラーゲンの大きさや緩み方も全然ちがーう!!!


衝撃!!!


こういったこだわりを持っているにも関わらず

またすごいのが、きちんと効果を発揮させられること!


無添加アクティブ コンディショニング EX 

今まで外から与えて補ってきた

コラーゲンやセラミドの

自活させる力を高めてくれるのです!

Image title独自アプローチの

『アクティブセラミド』の働きで

美しい角層を作り続けてくれます。


お肌のトラブルの大半は角層の乱れが原因。

美しい角層を作り出すことは何より大切であり、

「アクティブセラミド」

角層の赤ちゃん細胞が栄養を多く取り込めるよう働きかけ、

肌が自ら美しい角層を生み出す力を高めていく必要があるのです!


コラーゲンに関しても同様、

自分で作り出す力を身につけなければいけません!


35歳を過ぎるとコラーゲンの生成は減少していく一方…。

ですからハリや弾力の不足を感じてしまうんですよね。


<ハリ・弾力をよみがえらせるには?>

肌により吸収されやすい形で浸透させることが大事。

そこでファンケルは、肌に多いⅠ型・Ⅲ型のコラーゲンに着目。

肌により吸収されやすい形を目指して低分子化した「適応型コラーゲン」を開発。

年齢肌に必要な美容成分をしっかり届け、ハリ・弾力を呼び戻します。


(適応型コラーゲンとは?)

機能性の高い低分子コラーゲンでファンケルさん独自開発。

特長としては、

・吸収性がよい

・様々な型のコラーゲンにも適応してくれる

 ⇒肌に不足したコラーゲンを強化してくれる

といった機能があります。

この特長が盛り込まれているのがこちらのシリーズなのです。

Image title

しかも

洗顔後、化粧液と乳液をつけるだけ!


というシンプルな使い方はズボラな私でも出来る美容法。

たったこれだけで肌がキレイになるなんて!!


みなさま朗報ですよー!

Image title

化粧液のテクスチャーはトロみのある感じ。

肌に馴染みやすく、潤いを補ってくれて柔らかくなっているように思いました。


じっくりじっくり、丁寧にお肌になじませてから乳液を重ねていきます。

Image title

乳液はサラッとしていてべたつきはありません。

しっとりとお肌をカバーしてくれるのがわかります。


この2アクションで終わり!!


忙しい女性の味方ですねー!


1つ1つの機能がしっかりしている商品だからこそ、

シンプルケアでも満足度が高いのだと思います^^


ゲストで登壇された美容コーディネーターの弓気田みずほさんは、こんなこともおしゃってました。

『肌落ちしている時はお肌のお手入れを頑張りすぎないこと!スペシャルケアはせず、むしろシンプルにして、肌を元の状態に戻すことが大事!』

Image title

< 肌落ちとは? >

  ・肌のやせ

  ・キメの乱れ

  ・くすみ

  ・しぼみ

  ・どんより肌

などのことです。

みなさまも思い当たることはあるのではないでしょうか?

MAQUIAの湯田編集長がおっしゃっていた

『化粧品は効果効能を知って使うのと、ただ使うのとでは効きが違う』

Image title

たしかに、知って使っていると違いがわかってくるんですよね。

アプローチと目指すゴールが自分でわかるから^^ ふ、深い!

ファンケルさんはブースも出展しておりましたので、そちらもレポートします!


次ページへ続きます>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN