小顔に見せるには輪郭と〇〇の距離が大事!〜ジルスチュアートで大人ピンクな開運メイク〜

メイクアップ
いいね! 3件

明けましておめでとうございますSayaです

Image title

今年は年始早々、生活環境に変化があって(詳しくは私のアメブロにて)、時間的な余裕がぐんと増えそうなので、よりいっそう大好きなメイクやスキンケアを思いっきり楽しみたいと思います

マキアブログも死ぬ程楽しんで書きたいと思いますので、皆様、今年も何卒宜しくお願い申し上げます


ということで先日は楽しみにしていた年越しイベントに向けて、"大人なピンクメイク"をしてみました

Image title

(オフタートルのニットを着ていたのでお洋服が写ってませんが、安心して下さい。着てます!笑)

意識したのは「小顔みせ」

使ったコスメは大好きなジルスチュアートのクリスマスコフレ"デスティニークローゼット コレクション"

Image title

★ヘアアレンジ

ここ、小顔見せ的に最重要ポイント(

小顔見せにはすごく苦労してきたけど、特に顎周りをすっきり見せたい時に意識するのは


お顔の輪郭がしっかり出るように、輪郭とお顔まわりの髪の距離を良い感じに空けること。

Image title

これ、絶対的小顔の法則。

小顔に見せたいと思うと、どうしても「輪郭を隠して少しでもお顔の面積を小さく!」と思ってしまいがちですが、美容師さん曰く「サイドの髪で輪郭を覆えば確かに見えるお顔の面積は小さくなる。

けれど、お顔の立体感が失われのっぺりとしてしまって、逆に大顔に見える」と。

↑の写真では髪をアップにしてサイドにおくれ毛を出していますが、髪を下ろしている場合も一緒です。


早い話が、

Image title

左と右、どっちがすっきり見えますか?ってことですね(画像のクオリティが低すぎてごめんなさい…)

この法則を教えてもらってからは、思い当たる事例が多すぎて…(笑)。この法則だけは絶対意識するようにしています。


私はアップスタイルの時は、サイドにおくれ毛があった方が髪をくるくる巻けて可愛い&小顔効果がある気がして好きですが、「思い切ってお顔まわりの髪も全部上げる方が、潔くすっきり見えるよ」とよく友人にアドバイスされます。その辺は個人の好きずきですかね


とにかく、小顔に見せたいならば、輪郭を出す。これに尽きる。


★アイメイク

使ったのは、ジルスチュアートのクリスマスコフレに入っていたリボンクチュールアイズ11(限定色)。

Image title

(※写真はジルスチュアートビューティ公式サイトより。)

ベーシックなベージュ、プラチナ、ブラック、ホワイトに、落ち着いた色味のピンクを加えた大人可愛い5色パレット

Image title

上まぶたはベージュ(アイホール)→ピンク(二重幅よりちょっと広め)→ブラック(目のキワ)の順で入れ、中央のラメたっぷりホワイトヴェールをかけるように上から指でポンポンとオン。下まぶたには目頭濃いめにプラチナをオン。

Image title

仕上げに目尻に私のリピートコスメの1つ、キャンメイクのグリッターパウダーでキラキラをプラス

Image title

(コチラの記事も見てね♪→【トップ10発表!】愛すべき♡マイリピートコスメランキング


暗めの場所でのイベントだったので、カラコンはグラデーションはっきり目で瞳をキラキラ輝かせて魅せてくれる「ピエナージュ(No.6ファンシー)」を使用

Image title


続いてチークメイク →次のページ

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN