2016年 美容はこうなる!〜マキア2月号をじっくり読んで考えた〜

マキア
いいね! 7件

こんにちは♪♪Sayaです


世間の動きとはワンテンポ遅れて、ただいま実家にのんびり帰省中です

たっぷり時間があるのでマキアをじっくり再読したくなって

Image title

コンパクト版を買ったよ〜(通常版はどこの本屋さんに行っても売切れ())


年末年始はバタバタしていて、沢尻エリカちゃんのインタビュー特集も隅々まで読めていなかったから、じ〜っくり時間をかけて1文字も逃さず読んでしまいました多分世界一マキア2月号を読んだのは私だと思う(笑)


読んでいるうちに、何となくなんですが、思うことがあって。それは、


『これからの美容はより「自分」を表現するものになっていくんじゃないかな』


ということ。

もちろんこれまでもそういう面は強くあったけど、それがさらにさらに強くフィーチャーされていくんじゃないかな、と。


沢尻エリカちゃんのインタビューを読んで

Image title

すっごくぐっと来た言葉があったの。


「比べない。私は、私」


その通りだよね。本当に、芯から美しさが溢れている人は、その人の「美しさ」を自分のやり方で表現している。「他」なんて関係無いよね。

インタビューの中に沢尻エリカちゃんの美人の要素が散りばめられていて、何回も読んでしまいました。


特集の中の「コンプレックスに負けないための50のヒント」もまた

Image title

私に必要な言葉がぎゅっと詰まっていて、すっごく響いた。

GENKINGさん、IKKOさん、神崎恵さんの言葉は特にすっと入ってきたし、心がフワッと軽くなった

そして多分、読んだだけで少し美人になった(気がする。笑)


多分これからの時代も、

「こんな顔になりたい」とか

「お顔のこんな部分を変えたい」という気持ちは、

どんな女性の中にも変わらず在り続けると思う。


その「こうしたい」「こうなりたい」という自分の気持ちに正直に向き合って(コンプレックスも含め)、今の自分に必要なヒントを見つけて、それを自分の中に落とし込んで、自分の方法で表現することが「美」となっていくし、

「美」の象徴として、これからの時代を生きる人の心を惹き付けていくんじゃないかなと。


逆に、「この顔が正解」「今はこの色を使うのがルール」「みんなが良いって言うから〇〇が良い」という画一的なゴールには、みんな靡かなくなっていくというか…向かわなくなっていくんじゃないかなと(そういうのはとてもセンセーショナルで分かりやすく、一見魅力的だけど)。


そんな風に思いました。


「美」に正解もルールもないもん。みんな元々、それぞれの美しさを持っていて、それを表に引き出して最大限に表現するのが「美容」であり、メイクやスキンケアというツールなんだと思うんだよね。


そして、マキアにはいつも「みんな元々美人なんだよ!」というメッセージがたくさん込められている気がして。自分の中の「美」を見つけて、表現するために、私に必要なヒントが、私の中に落とし込みやすい形でたくさん詰まっていて…。そういう意味で


「やっぱり、マキア、好き♥」


と改めて思いました


今月号は保存版だなこりゃ(毎月保存しているけど。笑)


あ、こちらの別冊「春新色BOOK2016」は、どれもこれも可愛くて気づいたら2時間くらい熟読していました…(笑)

Image title

なぜかグリーンにすっごく惹かれる!!ピンクバイオレットブルーにも惹かれる。やっぱり春を思うと優しい色味にワクワクします


それでは、また

Sayaでした

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN